他の記事を探す

サンクトペテルブルク水道局  2009年10月16日

2009年10月16日

 なぜ?と思われるかもしれませんが、今とても人気のスポットです。元は給水塔と貯水槽だった建物が修理されて、外は赤褐色のレンガでレトロにいい雰囲気で、中は最新の技術を使って、おもしろい展示企画を打ち出しています。  貯水塔コースや貯水槽コース、子供向けコースなどいくつかあるようなのですが、私は貯水槽コースに参加しました。両脇を水が流れる階段をくだっていくと、いくつも柱が立つ地下室に出ました。昔は天井まで水をたたえていたそうです。かなり広い空間のところどころに船や跳ね橋の模型、本物のいかりなどが展示され、巨大スクリーン(おそらく4×5メートルくらい)3つを含むたくさんのスクリーンが...

もっと見る

サンクトペテルブルク・アカデミー・バレエ 創立40周年記念公演 『スパルタクス』 アレクサンスキー劇場 2009年9月29日

2009年9月29日

音楽:ハチャトゥリヤン  振付:ヤコブソン  編集:ペトゥホフ  舞台装飾:パストゥフ 衣装:ソロヴィヨフ 照明:ダラガン <配役> スパルタクス:スメカロフ  フリギヤ:リュバムードロワ  エギナ:イグナーチエワ  クラッスス:ガリチャニン   エトルリアの踊り:ヤクシャノワ、アニシモフ、ドローヒン  カディスの女たち:パディモワ(ソロ) ヤコブソンの「スパルタクス」は1956年のキーロフ劇場(現マリインスキー劇場)で初演されました(全三幕)。キーロフ劇場の大きな舞台に再現された壮大なローマの風景と、次々に舞台にあふれる多くの民衆が、圧倒的な力を持って観客に迫るよ...

もっと見る

ジェローム・ロビンスの『イン・ザ・ナイト』 2009年5月5日・9日 マリインスキー劇場

2009年5月9日

 五月の上旬に、マリインスキー劇場でジェローム・ロビンスの「イン・ザ・ナイト」が二度(5月5日、9日 ダブルキャスト)上演されました。この作品は久々の舞台登場。ロビンス自身が振り写しにサンクトペテルブルグに来た1992年からゆうに10年以上を経ての再演です。当時のピアノ奏者(リュドミラ・スヴェーシニコワ)が今回も続けて演奏を行いました。彼女いわく、ロビンスは非常に音楽に厳しい芸術家で、ダンサーだけでなく、ピアノ奏者とも個別にリハーサルを重ね、彼が滞在した期間はそれこそ早朝から深夜まで毎日リハーサルだったそうです。「そんなんじゃ踊らせない!!!」が初演前日の彼の言葉だとか。苛烈さがうかがい知れ...

もっと見る

サンクト・ペテルブルグ国立児童音楽劇場 「ザゼルカーリエ」[鏡の向うの世界] 2009年4月2日『シンデレラ(チェネレントラ)』

2009年4月2日

 児童劇場と名前がついている劇場ですが、大人向けの作品も上演しています。ロシアの作曲家だけでなく、ヨーロッパやアメリカのクラシック・オペラなど幅広いレパートリーを持っています。この作品は、2009年3月終わりから4月の頭にかけて行われたザラターヤ・マスカ[ゴールデン・マスク](ロシア国内の劇場で上演された新作で優れたものに賞を授与する)で、作品賞と指揮者賞を獲得しました(今回はそのノミネート公演だったため、公演会場自体はモスクワ音楽劇場でした)。 音楽:ジョアキーノ・ロッシーニ 脚本:フェレッティ レチタティーボ部分のロシア語テクスト:A・ペトロフ、P・ブーベリニコフ 音楽監督・指揮:P・...

もっと見る

第9回マリインスキー国際バレエ・フェスティバル マリインスキー劇場 2009年3月14~22日

2009年3月22日

 マリインスキー劇場でのバレエ・フェスティバルも第9回を迎えました。監督が現在のファチェーエフになってから初めてのフェスティバルです。去年(白鳥の湖をいろいろな主役で連日上演)とは方針が変わって、ヴァリエーションに富んだプログラムとなりました。マリインスキーの二大スター(ロパートキナ、ヴィシニョーワ)のコンサートも加わりました。「せむしの仔馬」にヴィシニョーワの「BEAUTY IN MOTION」と、クラシック、コンテンポラリー合わせて新作も目白押しです。今年も世界各国からのゲストと共に豪華な公演が繰り広げられました。 今年の演目:3/14 せむしの仔馬(初演) 3/15 〃 3/16 ディア...

もっと見る