ロモノソフ名称モスクワ国立大学(МГУ)

大学 / / 募集要項(長期留学) / アクセス / 料金 / / 連絡員

お問い合わせ

大学紹介 モスクワ国立大学。旧ソ連・ロシアで最大の高等教育機関であり、世界有数の科学・学術センターのひとつ。1755年4月、M. L. ロモノソフによって創立された。当初は哲学部、法学部、薬学部および予備教育部から出発したが、現在では数学、物理学、化学、生物学、地質学、機械工学、歴史学、哲学、心理学、法学、経済学、ジャーナリズム学、国際政治学など28の学部といくつかの予備コースがあり、多くの研究者が教育・研究に携わっている。

現在の雀が丘のキャンパスは1949年 ~ 70年に建設され、230ヘクタールの敷地内には校舎、学生寮のほか、公園、植物園、天文台など27の主要な建物がある。

大学住所:Москва, Воробьёвы горы
授業を受ける校舎住所:Москва, ул. Кржижановского, 24/35
大学寮住所: Москва, Воробьёвыгоры, 1 または Москва, ул. Шаболовка, дом36ほか MOSCOW STATE UNIVERSITY named after Lomonosov

大学寮紹介

大学寮は雀が丘にある大学本館内の“Г3(ゲーゼー寮)”または、シャボロフカ寮(場合によっては“ДСВ(デーエスヴェー寮)”など)に滞在します。1 ~ 5人部屋を利用します。どちらの寮でも各フロアにあるキッチンを共同で利用します。インターネットは各部屋より接続可能となっています。

ゲーゼー寮から大学までは路面電車を利用して約40分。シャボロフカ寮から大学までは路面電車で20 ~ 30分です。この2つの寮以外の寮に滞在する場合もあります。

1つのブロックの中に2 ~ 4の部屋が入っています。1 ~ 5人部屋となります。ブロック内のトイレ、シャワーは共用です。キッチンは各階に数ヶ所あるものを共同で利用します。各部屋には、机・イス・ベッド(枕・毛布)などが設置されており、シーツ交換もしてもらえます。

※情報は2020年4月1日現在のもので、予告なく設備等が変更になる場合があります。

授業風景イメージ 校内食堂 ГЗ(ゲー・ゼー)モスクワ国立大学寮

募集要項

期間 10か月間

第61期 : 2021年9月1日 ~ 2022年6月30日 申込締切2021年6月10日
受入機関 モスクワ大学 ロシア語文化研究所(ИРЯиК)
要件 ロシア語の基礎学力のある方。
ただし4月出発の方は中級程度の学力が必要です。
条件 1.
授業はグループレッスン(5名以上)。
週26授業時間(13コマ : 1コマ90分)の授業が行われます(夏期(7・8月)は週24授業時間)。
授業内容はレベルに応じて調整されますが、基本的には文法、読解、発音、聞き取り、会話等のロシア語習得プログラムと、歴史や文学などの授業が並行して行われます。

2.
大学指定の寮に滞在。寮は1 ~ 5人部屋です。食事は自炊、あるいは外食。

МГУ モスクワ国立大学 責任者 ズヴェレフ氏 授業が行われる建物の入口


料金 長期留学

留学生の声

同じような目的を持っている人と一緒に行くという安心感もあるし、10か月という期間限定の留学としてJICのカリキュラムはちょうど良かったです。大変なときに助け合ったり、情報を交換したり、刺激にもなりました。ロシア関係の仕事についている一緒に留学していた仲間と、仕事上で会う時も「お互い頑張ってるな」と思います。

(2004年)


お問い合わせ

オンライン ロシア語留学相談

オンライン ロシア語留学相談