HOME > ツアー > ロシア・ヨーロッパ方面 / グループプラン > ちくちくバルト舎がご案内 旅するエストニア 歌と踊りの祭典

ちくちくバルト舎がご案内 旅するエストニア
ちくちくバルト舎がご案内 旅するエストニア
ちくちくバルト舎がご案内 旅するエストニア ご案内

ちくちくバルト舎がご案内 旅するエストニア ツアー問合せ


ちくちくバルト舎がご案内

ちくちくバルト 旅するエストニア


旅するエストニア

可愛い暮らしと手しごとを巡る 8日間

ちくちくバルト 旅するエストニア


+3泊延泊コース エストニア

歌と踊りの祭典見学 全 11日間

■ツアーコード
日本語係員同行送迎つき ちくちくバルト エストニア
成田発 関空発 中部発 現地発着
KN15-1338
フィンエアー AY
KX15-1338
フィンエアー AY
KG15-1338
フィンエアー AY
KT15-1338
---
KN8-13311
+歌と踊りの祭典
KX8-13311
+歌と踊りの祭典
KG8-13311
+歌と踊りの祭典
KT8-13311
+歌と踊りの祭典

可愛い伝統文化が残るおとぎの国エストニア。

ムフ島・キフヌ島・ヴィリャンディの工房やクラフトショップを訪ねながら
エストニアの暮らしや手しごとのワークショップ、お買い物を楽しみます。

さらに日本からのツアーとしては稀有なエストニア南部のセト地方へ。
独特の民族衣装や多重声音セトレーロの文化を体験。

ちくちくバルト エストニア

3泊延泊コースでは、5年に一度の感動!エストニア歌と踊りの祭典を見学します。

ちくちくバルト 歌と踊りの祭典

ツアーのポイント ツアーのポイント 日程 [ → ]
2017年夏に単身キフヌ・ムフ島で伝統の刺繍やスカート、ニットを学ぶために手芸修行の旅をされた【ちくちくバルト舎】の荒田起久子さんに旅のコーディネートをお願いし、さらに現地にも同行いただきます。
観光旅行では体験できない【工房めぐり】や地元の【手芸のワークショップ】、【民族衣装の試着体験】、エストニアの自然を感じる【ハーブを摘んでのお茶会】などスペシャルな企画付き。
ワークショップの時間、【希望者はフリータイムにしていただくことも】出来ます。
日本からのツアーでは稀有の目的地【ムフ島】、【キフヌ島】に加えエストニア南部【セト地方】も訪問。
現地の受け入れ同行は【エストニア在住の日本語堪能なガイドが同行】し安心です。
ご旅行代金は【クレジットカード払い】にてお支払いも可能です。
ツアーのポイント 3泊延泊コース 5年に一度の感動!歌と踊りの祭典 日程 [ → ]
エストニア歌と踊りの祭典】を見学します。

ツアーの見どころ ツアーの見どころ
日程 [ → ]
ちくちくバルト舎

ちくちくバルト舎 荒田起久子 (KIKUKO ARATA)
ファッション&ウェディングドレスデザイナー。2016年にエストニアへ旅行したことがきっかけでエストニアに魅了され2017年に単身エストニアでの手芸留学を経験。

ハーブサルレースセンターにてハーブサルレース・マスタークラス受講。ムフ島にて民族衣装のムフスカート制作、織物、伝統ニット、及びムフ刺繍作家 Sirije Tuur 氏より伝統刺繍を習得。キフヌ島にて Arma Roosi 氏より伝統的なキフヌニットの編み方を習得。

帰国後、ムフ刺繍作家としての活動をスタートし、2017年11月よりエストニアを中心としたバルト三国の雑貨やハンドメイドを扱う online shop 「ちくちくバルト舎」を open した。

ムフ島

ムフ島
バルト海の西部に位置するムフ島。黒い生地に赤・オレンジの鮮やかな花刺繍やカラフルなニットなど伝統手芸をたくさん見ることができます。
ムフ刺繍の見学、手工芸品店、ムフ刺繍のワークショップも予定。
キフヌ島

キフヌ島
ユネスコの無形文化遺産に登録されている島。
赤い縞のスカートをはいたおばあちゃんたちに会いに行きます。
手作り工房、博物館を訪問。島のおばあちゃんたちの歌と踊りのミニコンサートも予定。
ヴィリャンディ

ヴィリャンディ
城跡と湖が美しいエストニア南部の都市。
エストニアのフォークアートが見られるヘイムタリ美術館へ行きます。
伝統手芸のワークショップを予定。
オビニツァ

オビニツァ
ユネスコの無形文化遺産にも登録されているセトレーロの多声歌唱を楽しみます。
セト地方の文化、伝統を紹介するオビニツァ博物館を見学。民族衣装の試着体験もできます。
オビニツァ近郊の森にてハーブを摘んでお茶会を楽しみます。
ジーマ

タルトゥ エストニア国立博物館
エストニアの文化と学問の中心タルトゥ。
エストニア国立博物館 Esti Ralva Museum で民族衣装などを見学します。
博物館の設計は日本人建築家、田根剛さんです。
トームペア丘の展望台からの眺め

タリン旧市街
タリン歴史街(旧市街)は、西欧の歴史的な町の一番美しいものであるといわれています。13世紀にデンマーク人により創立されました。歴史的にデンマーク、ドイツ、スウェーデンの領土となっていたため、その建築物がいまだ残っています。1997年にタリン歴史街はユネスコ世界遺産となりました。
キフヌ島へフェリー

フェリーまたは高速艇 ヴィルツ〜ムフ島 / ムナライド〜キフヌ島 / タリン〜ヘルシンキ
島への移動は約1時間のフェリーの旅をお楽しみください。
タリンからヘルシンキの移動はフェリー、または高速艇となります。
ヘルシンキ大聖堂

ヘルシンキ
世界遺産に登録された要塞の跡スオメンリンナ島へはフェリーで行くことになりますが、マーケット広場、ウスペンスキー寺院、ヘルシンキ大聖堂、アテネウム美術館、国立現代美術館キアズマ、テンペリアウキオ教会など、主な見どころは中心部に集まっています。

ジーマ

同行コーディネーター・日本語ガイド紹介 ドミトリー・トカチェンコ(愛称ジーマ)
モスクワ国立大学・アジアアフリカ諸国大学卒業。東海大学での留学経験もある。
2006〜2011 年JICモスクワオフィス勤務。
タリン大学・大学院在籍(PhD student)。音楽、バレエなど文化、芸術の造詣が深い。マトリョーシカ工場見学ツアー、雑貨ツアー、ロシアにおける文化、芸術の視察、取材などの経験も豊富。また日本の芸術関係者との親交も多く、文化紹介・交流活動に従事。
エストニア 歌と踊りの祭典

エストニア 歌と踊りの祭典
踊りの祭典を見学した翌日は民族衣装を着たアンサンブルが会場まで行進する市内パレードを見学し、歌の祭典の開会コンサートではエストニア国家を参加者全員で斉唱します。

スタッフの体験ブログ ブログと写真 日程 [ → ]
[ 旅のコーディネート、現地同行 ちくちくバルト舎 → ]
[ スタッフ体験ブログ 沼田元氣さんと行く ロシアとエストニアの「かわいい」発見の旅(1) → ]
[ スタッフ体験ブログ まちを歩いてみれば(13) エストニア・バルト海・キヌフ島 → ]
【◎】 [ フィンエアー → ] [ ヴィルツ港〜ムフ島 フェリー → ] [ ムフ島 → ] [ パルヌ → ] [ ムナライド港〜キフヌ島 フェリー → ] [ キフヌ島 → ] [ タルトゥ、セト地方 → ] [ タリン〜ヘルシンキ フェリー(※イメージ) → ] [ タリン → ] [ ヘルシンキ → ] [ 2018年のツアープレイベント(ブログ) → ] [ 2018年のツアープレイベント → ]

日付 発着地 時間 スケジュール
6/28
(金)
成田または
中部または関空発

ヘルシンキ
ヘルシンキ
タリン
午前


午後
午後
夕刻
(飛行機)AY フィンランド航空を利用。


ヘルシンキ経由
エストニアの首都タリン
到着後、バスでホテルへ
(タリン泊 / 食事 × 機 夜
6/29
(土)
タリン
ヴィルツ
ヴィルツ
ムフ島










ムフ島
ヴィルツ
ヴィルツ
パルヌ
早朝
午前













夕刻


バスムフ島へ向けて出発。約2時間。
フェリーに乗って約1時間、ムフ島へ。

着後、コグヴァ村にある博物館で民族衣装や
黒い生地に赤・オレンジの鮮やかな花刺繍が施されたムフ刺繍などを見学。

手工芸品のマンニク工房やショップを訪問。

島の中心リーヴァへ移動し、ムフ刺繍や木工製品を扱う手工芸品店へ。

ムフ刺繍のワークショップも予定(希望者は自由時間)。

途中、島のレストランで昼食。


その後、フェリーヴィルツ港経由パルヌ


着後、ホテルへ
(パルヌ泊 / 食事 朝 昼 夜
6/30
(日)
パルヌ
ムナライド
ムナライド


キフヌ島


キフヌ

ムナライド
ムナライド

ヴィリャンディ着

午前






夕刻




パルヌからバスで約40分、島に渡る最寄りの港へ

フェリーで約1時間、島の民族衣装、赤い縞模様のスカートをはくおばあちゃんたちがかわいいキフヌ島へ。

ミトンや人形などおばあちゃんの手作り工房や博物館を訪問。
島のおばあちゃんたちの歌と踊りのミニコンサートも予定。





バスで2時間。城跡と湖が美しいエストニア南部の都市ヴィリャンディへ。

(ヴィリャンディ泊 / 食事 朝 昼 夜
7/1
(月)



ヴィリャンディ発

オビニツァ着
午前


午後

夕刻

地元ヘイムタリ美術館員アヌさんによるワークショップ。
ニットまたはムルギ地方の伝統手芸を予定(希望者は自由時間)。


バスで約2時間。セト地方オビニツァへ。

レストラン「タールカ・タレ」にてユネスコの無形文化遺産
にも登録されているセトレーロの多声歌唱
を楽しみます。
(オビニツァ泊/ 食事 朝 昼 夜
7/2
(火)





オビニツァ発

タルトゥ

タルトゥ

タリン
午前




午後

夕刻

夕刻

セト地方の文化・伝統を紹介するオビニツァ博物館を見学。
民族衣装の試着体験
もできます。

オビニッツァ近郊の森にてハーブを摘んでお茶会を楽しみます。

バスで約1時間半。エストニアの文化と学問の中心タルトゥへ。

エストニア国立博物館 Esti Ralva Museumで民族衣装などを見学  

バスで約2時間半、タリンへ      

(タリン泊/ 食事 朝 昼 夜
7/3
(水)






タリン

ヘルシンキ
午前



午後

夕刻


旧市街やアンティークマーケットで買い物

昼食は各自

エストニア野外博物館で見学。付属のショップで買い物
もできます。

フェリーまたは高速艇(※イメージ)ヘルシンキ

着後、ホテルへ
(ヘルシンキ泊 / 食事 朝 × 夜
7/4
(木)
※8日間 KN15-1338, KX15-1338, KG15-1338, KT15-1338 のみの日程です。




ヘルシンキ




夕刻
ショッピングまたは自由時間

市内の蚤の市での買い物も予定

(飛行機)フィンランド航空で帰国の途へ
(機内泊 / 食事 朝 × 機
7/5
(金)
成田または
中部または関空着
午前 おつかれさまでした。
(食事 機 × ×
※3泊延泊コース 11日間 KN8-13311, KX8-13311, KG8-13311, KT8-13311 のみの日程です。
7/4
(木)

午後
ツアーグループと別れた後、自由時間
(ヘルシンキ泊 / 食事 朝 × ×
7/5
(金)
ヘルシンキ
タリン

午前


フェリーまたは高速艇(※イメージ)ヘルシンキ

踊りの祭典
(タリン郊外または近隣都市泊 / 食事 朝 × ×
7/6
(土)

終日



歌と踊り 市内パレードを見学。
民族衣装を着たアンサンブルが会場まで行進。

歌の祭典、開会コンサート
祭典の点灯と「Koit(夜明け)」とエストニア国家を参加者全員で斉唱

(タリン郊外または近隣都市泊 / 食事 朝 × ×
7/7
(日)
タリン
ヘルシンキ
ヘルシンキ
午前

夕刻
(飛行機)フィンランド航空でヘルシンキ経由、帰国の途へ

(機内泊 / 食事 朝 × 機
7/8
(月)
成田または
中部または関空着
午前 おつかれさまでした。
(食事 機 × ×
<旅行条件詳細>
日程表補足 [ → ]
*交通機関又は現地事情により日程が変更となる場合があります。
*日本発着時利用予定航空会社(エコノミークラス) : フィンエアー AY
*最少催行人員 : 15名(募集定員 : 28名) / 延泊コース 8名
*添乗員 : 同行しません。現地日本語ガイドがご案内いたします。コーディネーターのちくちくバルト舎の荒田さんは日程調整のため現地合流となる場合があります。
*利用ホテル: タリン「ヴィル」「ゴットハルドレジデンツ」「ゴー・ホテル・シュネリ」「エコランド」 / パルヌ「コイドゥラ・パルク」 / ヴィリャンディ「グランド」 / オビニツァ「プフケマヤ」 / ヘルシンキ「ソコスプレジデンティ」「クラウンプラザ」
各都市上記または同等ホテル。
※オビニツァでの宿泊は 4人〜 8人部屋の利用となります。
※延泊コース 祭典時の宿泊はタリン郊外または近隣都市での宿泊となります。タリン「エコランド」 / ハープサル「パエヴァ・ヴィラ」または同等クラス。
*食事 : (8日間)朝6回、昼4回、夜6回 / (11日間)朝9回、昼4回、夜6回 ※延泊時の食事はホテルでの朝食のみとなります。
*現地発着コースの場合 到着、出発時は宿泊ホテルでの集合、解散となります。送迎手配が必要な方は別途ご相談ください。
*『まるごとロシア』特典の対象外となります。
ちくちくバルト エストニア ツアー問合せ
ちくちくバルト エストニア ツアーページの先頭へ戻る

◆ 旅行代金 (2名1室利用の場合の1名様あたりの料金)

ちくちくバルト舎がご案内 旅するエストニア 8日間 成田発 KN15-1338 / 現地発着 KT15-1338
日程 [ → ]
ちくちくバルト舎がご案内 旅するエストニア ツアー料金カレンダー


追加代金
[ → ]

*以下は、1名様あたりの追加代金となります。
1人部屋をご利用の場合 +24,000円
※オビニツァ泊は1人部屋利用不可のため含みません。

現地発着コースの場合 −131,000円(※つまり早割で 196,000円です)
※到着、出発時は宿泊ホテルでの集合、解散となります。送迎手配が必要な方は別途ご相談ください。

お申込み手続き完了が 2019年 3月 23日以降の場合 +30,000円
*上記のほか別途、燃油サーチャージ、空港諸税、総額約45,510円が必要となります。(2019/2/1のレートでの目安となります)。
※ お申込締め切り - 2019年 3月 22日(金)まで(早割) ※ ちくちくバルト舎がご案内 旅するエストニア ツアー問合せ
ちくちくバルト舎がご案内 旅するエストニア ツアーページの先頭へ戻る

◆ 旅行代金 (2名1室利用の場合の1名様あたりの料金)

ちくちくバルト舎がご案内 旅するエストニア 8日間 中部 KG15-1338 / 関空 KX15-1338 発
日程 [ → ]
ちくちくバルト舎がご案内 旅するエストニア ツアー料金カレンダー


追加代金
[ → ]

*以下は、1名様あたりの追加代金となります。
1人部屋をご利用の場合 +24,000円
※オビニツァ泊は1人部屋利用不可のため含みません。

お申込み手続き完了が 2019年 3月 23日以降の場合 +30,000円
*上記のほか別途、燃油サーチャージ、空港諸税、総額約45,510円が必要となります。(2019/2/1のレートでの目安となります)。
※ お申込締め切り - 2019年 3月 22日(金)まで(早割) ※ ちくちくバルト舎がご案内 旅するエストニア ツアー問合せ
ちくちくバルト舎がご案内 旅するエストニア ツアーページの先頭へ戻る

◆ 旅行代金 (2名1室利用の場合の1名様あたりの料金)

3泊延泊コース 歌と踊りの祭典 11日間 成田発 KN8-13311 / 現地発着 KT8-13311
日程 [ → ]
ちくちくバルト舎がご案内 旅するエストニア ツアー料金カレンダー


追加代金
[ → ]

*以下は、1名様あたりの追加代金となります。
1人部屋をご利用の場合 +42,000円
※オビニツァ泊は1人部屋利用不可のため含みません。

現地発着コースの場合 −131,000円(※つまり早割で 277,000円です)
※到着、出発時は宿泊ホテルでの集合、解散となります。送迎手配が必要な方は別途ご相談ください。

お申込み手続き完了が 2019年 3月 23日以降の場合 +30,000円
*上記のほか別途、燃油サーチャージ、空港諸税、総額約45,510円が必要となります。(2019/2/1のレートでの目安となります)。
※ お申込締め切り - 2019年 3月 22日(金)まで(早割) ※ ちくちくバルト舎がご案内 旅するエストニア ツアー問合せ
ちくちくバルト舎がご案内 旅するエストニア ツアーページの先頭へ戻る

◆ 旅行代金 (2名1室利用の場合の1名様あたりの料金)

3泊延泊コース 歌と踊りの祭典 11日間 関空発 KX8-13311 / 中部発 KG8-13311
日程 [ → ]
ちくちくバルト舎がご案内 旅するエストニア ツアー料金カレンダー


追加代金
[ → ]

*以下は、1名様あたりの追加代金となります。
1人部屋をご利用の場合 +42,000円
※オビニツァ泊は1人部屋利用不可のため含みません。

お申込み手続き完了が 2019年 3月 23日以降の場合 +30,000円
*上記のほか別途、燃油サーチャージ、空港諸税、総額約45,510円が必要となります。(2019/2/1のレートでの目安となります)。
※ お申込締め切り - 2019年 3月 22日(金)まで(早割) ※ ちくちくバルト舎がご案内 旅するエストニア ツアー問合せ
ちくちくバルト舎がご案内 旅するエストニア ツアーページの先頭へ戻る
ちくちくバルト舎がご案内 旅するエストニア ツアーご案内のチラシ ツアーご案内のチラシPDF

オプショナルツアーとオーダーメイドの旅
オプショナルツアー と オ-ダーメイドの旅
- 航空券フェリー列車のチケット手配
エストニア エストニアのホテル
ヘルシンキ
現地発着プラン 現地発着プラン
エストニアラトビア・リトアニア6泊7日【バルト3国フリープランパック】

フリープラン一覧へ戻る [ → ]
グループプラン一覧へ戻る [ → ]
↑ このページの先頭へ戻る