モスクワとサンクトペテルブルグツアー まるごとロシア
モスクワとサンクトペテルブルグツアー まるごとロシア
 
マトリョミン里帰りツアー


2010年のツアーの動画、写真はこちらです。 [→]


募集は終了しました。〜モスクワ・サンクトペテルブルグでテルミンゆかりの地を巡り

マトリョーシカの故郷セミョーノフを訪ねる8日間〜

■ツアーコード:KN20-1368(成田発) / KX20-1368(関西発) / KX20-1368(中部発)
モスクワとサンクトペテルブルグツアー まるごとロシア 成田発関西発中部発JICまるごとロシア特別企画 マトリョミンツアーのご案内
ご案内(1MB)
添乗員同行募集は終了しました。
日程 [→]
マトリョミンツアーへのお問い合わせ

Theremin Player 竹内正実氏 × JICまるごとロシア がご提案する里帰りの旅。
日本のテルミン演奏の第一人者であると共に、マトリョミンの開発者である竹内正実氏とともに、テルミンの発明者レフ・テルミンのゆかりの地を巡ります。
テルミン、マトリョミン演奏を嗜んでおられる方はもちろん、マトリョミンやマトリョーシカに興味のある方、どなたでも参加できます。ぜひこの機会にご参加ください。
 [ テルミンとは? / マトリョミンとは? / マトリョーシカとは?]
マトリョミンツアー
◆ ツアーポイント ◆
★テルミン第一人者の竹内正実さんが同行します!
★マトリョーシカの姿の不思議な楽器、マトリョミンのもとになったロシア生まれのテルミン。発明者のレフ・テルミンのゆかりの地を巡ります
★ロシアでマトリョミンのアンサンブルコンサート!演奏会を実施します(お客様も参加できます)。
★マトリョーシカの代表的産地であるセミョーノフでマトリョーシカ工場を見学
全食事付きで、添乗員も同行します!
★テルミンの故郷、サンクトペテルブルグの観光も訪問!
★現地ロシアに日本語対応のヘルプデスク設置で安心!
★ オリジナルマトリョーシュカネームタグプレゼント
[竹内正実氏 ブログ「桃栗3年、柿8年、テルミン10年」 →] マトリョミンツアー
[お客様体験ブログ モスクワ マトリョーシカ工場をめぐる →]
[スタッフ体験ブログ 第2回マトリョミンお里帰りツアー →]
[2010, 2015年のツアー 写真アルバム → ]
[モスクワ 写真アルバム → ]

テルミンとは?
テルミン(Theremin)は1920年、ロシアの天才物理学者にしてチェロの名手だったレフ・セルゲイヴィッチ・テルミン(Lev Sergeevich Termen / Leon Theremin)(1896-1993) によって発明、1921年に発表された世界最古の電子楽器。楽器に直接触れることなく、空間にかざした手の動きによって演奏を行います。

 アンテナの周囲には微弱な電磁場が形成されており、垂直アンテナに対し手を近づけたり遠ざけたりすることによって、楽器と奏者の間に形成される静電容量が変化、本体内部の二つの高周波発振器のうちの一つの周波数を変動させます。他方の発振周波数は固定されていて、両者の差、すなわちビートから実際に出力する音を抽出します。右手を垂直アンテナに近づけると音の高さが上昇し、左手を水平アンテナから遠ざけると音量が大きくなる。機種によって多少の違いがありますが、5オクターブほどの発音域を有しています。

 テルミンには鍵盤や指板といった、音の高さを定める基準が存在せず、演奏者の耳と、訓練された正確な所作だけが音の高さを定めるよりどころとなります。演奏者の動作、所作が敏感に音に変換される為、演奏者の技量は言うまでもなく、心理状態や性格までもはっきり音に表される楽器です。

 ミュージックシンセサイザーの祖とされるテルミンですが、その音色、得られる音印象においてはずいぶん趣を異にしています。作り出せない音色は無いといわれる現代のシンセサイザーに対し、テルミンには音色合成機能はなく、テルミンの有する音色そのものは実にそっけない「電子音」。制御において人間に任されている部分がとても多い為、奏法によってその音色の印象は大きく異なります。良くも悪くも、演奏する人が持っているものを正直に音に変換してしまうのがテルミン。よく訓練された奏者によるテルミン演奏は表現力に富み、あたたかく、存在感のある音印象を醸し出します。

 もともと奏法習得が極めて難しいとされていた上、東西冷戦によりロシアからテルミンに関する情報がほとんど発信されなかったことから、 演奏家人口が少ないのも特徴のひとつです 。 日本では2001年にドキュメント映画「テルミン」が公開され、注目を集め、また2007年には小型組み立てキットのテルミンが付属したムック「大人の科学マガジン」が発刊され、20万を超える発行部数を記録しました。
http://www.mandarinelectron.com  より抜粋)
マトリョミンツアー マトリョミンツアー マトリョミンツアー マトリョミンツアー

マトリョミンとは?
「マトリョミン」は、ロシアの民芸品マトリョーシカの外側の一体の中にテルミンの機能を収めた、竹内正実が代表を務める電子楽器メーカーMandarin Electronが開発、製造、販売するマトリョーシカ型テルミンです。テルミンでいうところのピッチアンテナ(垂直状のロッドアンテナ)はマトリョミン上半身内部に備え付けられており、テルミン同様、アンテナ(マトリョミン頭部)に手を近づけると音の高さが高く、遠ざけると低くなります。音域もテルミン(MoogMusic社製Etherwavetheremin等)同等の実用音域で5オクターブを有しています。ただ、狭い距離の中に広い音域を収めなければならないため、高音域では1オクターブ距離が短くなってしまいます。左手の上に乗せ、右手で演奏します。演奏動作による音量の制御はできません。本体内にアンプ、スピーカーを内蔵。単三乾電池4本で動きます。

筐体として用いるマトリョーシカはロシアから直輸入しております。菩提樹の木を職人が一体ずつ削りだしているため、フォルム、木の厚さ、そして木そのものの状態(水分含有量等)にばらつきがあります。このことはそれぞれの個体に固有のキャラクターを与え、絵付けも職人が一体ずつ施していることから、それぞれの個体には二つと無い個性が与えられます。

マトリョミンの最大の特徴はテルミン同様、制御のすべてが人間に任されている点にあります。マトリョミンそのものの音はそっけない電子音ですが、人間の動作がバイアスとしてかかることにより、温かみのある音印象が創り出されます。人が歌っているような音色だと評されることがありますが、人声をサンプリングしているのではありません。ただ、すべての動作に敏感に反応しますから、演奏技量もはっきり現れ、上手な人が演奏すれば歌うような音色ですが、そうでない人が演奏すればそれなりの音色しか得られません。この点はテルミンと同様で、よい音色は練習でしか得ることができないのです。
http://www.mandarinelectron.com  より抜粋)
マトリョミンツアー
マトリョミンツアー
マトリョミンツアー
マトリョミンツアー
マトリョミンツアー

日付 発着地 時間 スケジュール
9/26
(日)
成田または
関西または
中部発

ソウル着



モスクワ着
午前
または
午後

午後



18:20

(飛行機)空路、ソウル乗継にてモスクワへ



成田発着以外のかたは、インチョン空港
トランジットエリアにて添乗員と同行いたします。
その後全員でモスクワへ。

着後、モスクワ市内のホテルへ。
(モスクワ泊 / 食事 × 機 夜
9/27
(月)
モスクワ 午前


午後

モスクワ市内観光
〜○赤の広場、◎レーニン廟、○雀が丘などを見学。

ロシアのテルミン奏者との交流・懇談会。
(モスクワ泊 / 食事 朝 昼 夜
9/28
(火)
モスクワ 午前

午後

モスクワの○テルミンのお墓を訪問します。

◎マトリョミンのアンサンブルコンサート(演奏会)
行います(希望者は一緒に演奏できます。
それ以外の方は鑑賞をお楽しみください。
(モスクワ泊 / 食事 朝 昼 夜
9/29
(水)
モスクワ 午前



午後

テルミンが開発した電子楽器
(テルミン自身が制作したレプリカ)が保管されてある、
◎科学技術博物館を訪問します。

モスクワ川クルーズなど市内観光をお楽しみください。
(モスクワ泊 / 食事 朝 昼 夜
9/30
(木)
モスクワ発

ニジニ
ノブゴロド゙着


ニジニ
ノブゴロド発
午前

午前
または
午後


空路、ニジニノブゴロドへ。

バスで片道約90分、マトリョーシカの故郷
セミョーノフを訪問します。
◎マトリョーシカ工場を見学します。

寝台列車(4人部屋)にてモスクワへ戻ります。
(列車泊 / 食事 朝 昼 夜
10/1
(金)
モスクワ着

モスクワ発


サンクト
ペテルブルグ着
午前

午後


午後

着後、空港へ移動します。

空路、サンクトペテルブルグへ。
テルミンの生まれた街、
サンクトペテルブルグを訪問します。
テルミンを発明し発表した◎ペテルブルグ工科大学
(現:ペテルブルグ工業大学)
を訪問します。
(サンクトペテルブルグ泊 / 食事 朝 昼 夜
10/2
(土)
サンクト
ペテルブルグ




サンクト
ペテルブルグ発
午前





23:50

世界3大美術館のひとつ世界遺産
エルミタージュ美術館を見学します。郊外の名所、
ピョートル大帝夏の宮殿を観光。ピョートル大帝が
数多くの建築家や彫刻家を動員してつくらせた大宮殿、
総面積1000ヘクタールに及ぶ庭園をお楽しみください。
夕食後、空港へ。
ソウル乗継にて帰国の途へ。
(機中泊 / 食事 朝 昼 夜
10/3
(日)
ソウル着


成田または
関西または
中部発
13:30


午後
または
夕刻
または
成田帰国以外のかたは添乗員とソウルで
お別れいたします。

おつかれさまでした。



(モスクワ泊 / 食事 機 × ×
日程表補足 [→]
●ビザ(別料金):ロシアビザ必要(日本取得)
*運送・交通機関又は現地事情によりスケジュールが変更
または訪問順が前後する場合があります。
*日本発着時利用予定航空会社(エコノミークラス):大韓航空(KE)
*最少催行人員:20名
*添乗員:成田から同行します。中部・関西のお客様はソウルにて合流します。
*利用ホテル:モスクワ-「イズマイロボ」「コスモス」「ツーリスト」または同等クラス。
ペテルブルグ-「モスクワ」「アジムト」または同等クラス(弊社基準Aグレード)。
*食事:朝6回、昼6回、夜7回
*寝台列車: 2等4人部屋利用します。他のお客様と同室となる場合があります。
マトリョミンツアー お問い合せ
マトリョミンツアー ページ先頭へ戻る

旅行代金 (2名様でお申込の場合の1名様あたりの料金)
マトリョミン里帰りツアー
成田発 KN20-1368 / 関西発 KX20-1368 / 中部発 KG20-1369
マトリョミンツアー 料金カレンダー
募集は終了しました。
出発日 A 成田発 A 中部・関西発 C D E F
旅行代金
(円)
283,000 294,000 - - - -
上記のほか、空港税-成田2,540円 関空2,650円、中部2,500円、
またソウル1,660円、モスクワ・ペテルブルグ2,490円。
また、ビザ費用として10,250円(実費・代行料込)が別途必要となります。
ほか、燃油サーチャージとして、約20,000円(2010年5月17日現在)が必要となります。
1名様あたりの追加代金 追加代金
1人部屋利用追加代金 上記旅行代金+ ¥21,000
※ お申込締め切り:募集は終了しました。 ※
マトリョミンツアー お問い合わせ
マトリョミンツアー ページ先頭へ戻る
旅行企画・協力 マンダリンエレクトロン [→]
< 竹内正実 (たけうちまさみ) さんプロフィール>
1967年埼玉県生まれ。大阪芸術大学音楽学科音楽工学専攻卒業。

1993年ロシアへ渡り、電子楽器テルミンの発明者レフ・テルミンの血縁で愛弟子のリディア・カヴィナに電子楽器テルミンを師事。レフ・テルミン直系の演奏法を継承する、日本人初の本格的教育を受けたテルミン奏者となる。

1996年 モスクワで開催されたレフ・テルミン生誕100周年記念フェスティバル・コンサートに出演。
竹内正実さん
帰国後は国内外でのコンサート活動を展開、著名ミュージシャンとの共演、CDゲスト参加の他、テルミンに関する論文発表や演奏教室の指導(延べ400人以上に教授)など、テルミンの普及に努めている。

1998年テルミン友の会「フレンズ・オブ・テルミン発足準備室」を開設。2000年8月正式発足。2003年同会を去り、新たに「竹内テルミン研究院」を開設。

2003年 主宰する楽器メーカー「有限会社マンダリンエレクトロン」からマトリョーシカ型テルミン「マトリョミン」を発売。これまでにおよそ3,000体を出荷。

[竹内正実氏 ブログ「桃栗3年、柿8年、テルミン10年」 →]

< 主な活動 >
2001年11月 日本オーディオ協会が選定する「音の匠」に選ばれる。
2002年 1月 フジテレビ「かくし芸大会2002」において、飯島愛、真中瞳等にテルミン演奏を指導。
2002年10月 テルミン教則本『テルミンを弾く』(岳陽舎)を上梓。
2002年度下半期、2004年度上半期、2006年度下半期のNHKラジオ「ロシア語講座(応用編)」の生徒役を担当。テーマ音楽でもテルミンを演奏。
2003年4月〜2004年3月放送のNHKテレビ「ロシア語会話」のエンディングテーマを演奏。
2004年9月 マトリョミンアンサンブル「マーブル」とともにロシア演奏ツアーを実施。
2006年5月 マトリョミンアンサンブル「マーブル」とともにヨーロッパ演奏ツアーを実施。ドイツ、イギリスでコンサート出演。
2006年8月 セカンドCD『VOCALISE』(bootrecord)を発表。
2009年4月 主宰するマトリョミンアンサンブル"Mable(マーブル)"1stCD『曙光(しょこう)』を発表。
2010年4月 映画『のだめカンタービレ最終楽章・後編』においてテルミン演奏吹き替えを担当。
これまでに200回以上のコンサート出演、150回以上のテレビ、ラジオ番組出演経験がある。
ご案内(1MB)マトリョミンツアー
日程 [→]

モスクワのオプショナルツアーでフリータイムを自由にアレンジ
オーダーメイドの旅をするならモスクワのホテルをチェック
サンクトペテルブルグのオプショナルツアーでフリータイムを自由にアレンジ
オーダーメイドの旅をするならサンクトペテルブルグのホテルをチェック

[竹内正実氏 ブログ「桃栗3年、柿8年、テルミン10年」 →]
[お客様体験ブログ モスクワ マトリョーシカ工場をめぐる →]
[スタッフ体験ブログ モスクワ ロシアのかわいいさがし →]
[2010年のツアー 写真アルバム → ]
[モスクワ 写真アルバム → ]

2名以上催行のグループツアー
弾丸ツアーはやぶさ号 特急列車はやぶさ(サプサン)号で車窓の旅 サンクトペテルブルグとモスクワ6日間
樺太サハリン銀河鉄道 樺太サハリン銀河鉄道 6日間
モスクワマラソン モスクワ国際平和マラソン参加ツアー
ロシア雑貨めぐりの旅 ロシア雑貨めぐりの旅
MAKS MAKS国際航空ショー
関西発 お盆・シルバーウィーク 関西発 お盆・シルバーウィーク モスクワ サンクトペテルブルグ 8日間
ロシア語研修&ホームステイ ロシア語研修ホームステイ
世界遺産のある町を鉄道でめぐるその他のツアー
イルクーツクとシベリア鉄道 イルクーツクとシベリア鉄道 8日間
関西発 お盆・シルバーウィーク 関西発 お盆・シルバーウィーク モスクワ サンクトペテルブルグ 8日間
弾丸ツアーはやぶさ号 特急列車はやぶさ(サプサン)号で車窓の旅 サンクトペテルブルグとモスクワ6日間
2都市を列車で移動 モスクワとサンクトペテルブルグ 8日間
2都市を列車で移動 サンクトペテルブルグとモスクワ 6日間
世界遺産のある町を鉄道でめぐるその他のツアー シベリア鉄道全線走破 ウラジオストクと世界遺産のある町・モスクワ
世界遺産のある町を鉄道でめぐるその他のツアー 世界遺産バイカル湖最寄駅でひとやすみ ウラジオストクとイルクーツクとモスクワ
キエフとヤルタを寝台列車で巡る 緑の都と保養地を訪ねてキエフとヤルタ 7日間
列車で巡るウズベキスタン 個人旅行・バックパッカー大歓迎!列車で巡るウズべキスタン3都市フリー6日間
タシケントとサマルカンド 5日間 2大都市をコンパクトに楽しむ タシケントとサマルカンド 5日間
モスクワに訪れるその他のツアー
弾丸ツアーはやぶさ号 特急列車はやぶさ(サプサン)号で車窓の旅 サンクトペテルブルグとモスクワ6日間
モスクワマラソン モスクワ国際平和マラソン参加ツアー
MAKS MAKS国際航空ショー
関西発 お盆・シルバーウィーク 関西発 お盆・シルバーウィーク モスクワ サンクトペテルブルグ 8日間
モスクワに訪れるほかのツアー モスクワとサンクトペテルブルグ 8日間
モスクワに訪れるほかのツアー モスクワとサンクトペテルブルグ 6日間
モスクワに訪れるほかのツアー モスクワまでウラジオストクからシベリア鉄道全線走破
モスクワに訪れるほかのツアー モスクワまでイルクーツクでひとやすみ バイカル湖最寄駅でシベリア鉄道下車
モスクワに訪れるほかのツアー モスクワ 5日間 [→]
サンクトペテルブルグに訪れるその他のツアー
弾丸ツアーはやぶさ号 特急列車はやぶさ(サプサン)号で車窓の旅 サンクトペテルブルグとモスクワ6日間
関西発 お盆・シルバーウィーク 関西発 お盆・シルバーウィーク モスクワ サンクトペテルブルグ 8日間
ロシア語研修&ホームステイ ロシア語研修ホームステイ
サンクトペテルブルグに訪れるほかのツアー サンクトペテルブルグとモスクワ 8日間
サンクトペテルブルグに訪れるほかのツアー サンクトペテルブルグとモスクワ 6日間
サンクトペテルブルグに訪れるほかのツアー サンクトペテルブルグ 5日間

フリープラン一覧へ戻る [→]
グループプラン一覧へ戻る [→]
↑ ページの先頭へ戻る