HOME > ツアー > 極東ロシア・シベリア方面 / グループプラン > シルバーウィーク ウラジオストクとハバロフスク

ウラジオストクとハバロフスク グループラン
ウラジオストクとハバロフスク まるごとロシア
ウラジオストクとハバロフスク ツアーのご案内 ご案内

ウラジオストクとハバロフスク ツアー 空席問い合わせ


フリープラン。

ウラジオストクとハバロフスクツアー まるごとロシア

シルバーウィーク シベリア鉄道体験


ウラジオストクとハバロフスク 5日間

■ツアーコード
日本語ガイドつき専用車 送迎鉄道・列車の旅 海の日 お盆 日本に近い「ニホチカ」ロシア
関空発 伊丹着 KX2-2235S7 5日間
:S7航空 S7 利用 9/15

シルバーウィークを利用したフリープランです。
ウラジオストクとハバロフスクの2都市を周遊します。都市間移動はシベリア鉄道1泊体験。

ウラジオストクハバロフスク

ツアーのポイント ツアーのポイント 日程 [ → ]
世界最長の大陸横断鉄道【シベリア鉄道
一泊体験ができます。
ロシア シベリア鉄道 ツアー
【全送迎】時に【日本語係員】がお出迎えします。
ご旅行は【シルバーウィーク】の期間です。
「何かの時」には【JICウラジオストク・ハバロフスク・ヘルプデスク】がしっかりサポートします。
スーツケースにつけると目立つし、カワイイ!
JICオリジナルマトリョーシュカネームタグ】をプレゼント。
JICオプショナルツアー】でお客様オリジナルな旅にアレンジできます(別途料金追加となります)。
別途追加料金で寝台列車【4人部屋から2人部屋へ】変更も可能です。
ご旅行代金は【クレジットカード払い】にてお支払いも可能です。

ツアーの見どころ ツアーの見どころ
日程 [ → ]
ウラジオストク

ウラジオストク JICオプショナルツアー JICの終日市内観光で見るウラジオストク ウラジオストク郊外 ウラジオストク中央駅 ウラジオストクのレストラン情報 バーニャ体験!(ロシア式サウナ)
坂の多い美しい町並みはかつて「ロシアのサンフランシスコ」とも呼ばれました。またモスクワへと続く総延長9259kmにおよぶシベリア鉄道の始発駅のある町としても有名です。西洋風の建物が並ぶ「日本から一番近いヨーロッパ」と言えるでしょう。ニホチカロシアへようこそ!
シベリア鉄道

シベリア鉄道   シベリア鉄道 1等車
全線開通は1904年。長さ9,259km、稚内〜鹿児島間の約3倍の距離を走破する、世界最長の大陸横断鉄道。起点ウラジオストクから終点モスクワまでは6泊7日、ロシア国内に設定されている6つの時間帯をまたいでの列車の長旅になります。各車両には、通常二人の車掌が乗務し、交代で検札や車内清掃などを担当しています。
ハバロフスク

ハバロフスク JICオプショナルツアー JICの終日市内観光で見るハバロフスク ムラヴィヨフ・アムールスキー通り ハバロフスクのレストラン情報 夏はやっぱりビール! バーニャ体験!(ロシア式サウナ)
ハバロフスクは約2時間半のフライトで行ける日本に近い「ニホチカ」ロシア。アムール河畔に拓かれたこの街は地理的に緑に恵まれていますが、メインストリート中心に広がっているヨーロッパ的な街並みが独特の風情を出していて、観光地としても人気を高めています。ロシアの5000ルーブル札に描かれている街としても有名です。ニホチカロシアへようこそ!
プレゼントは2つ。 マトリョーシカ ネームタグ ハンディガイドブック 

JICオリジナルマトリョーシュカネームタグ。マップ・地下鉄路線図付のロシア・ハンディガイド。
もちろん現地でいろいろなおみやげを買いましょう!

本ツアーのための特別オプショナルツアー
料金は2名参加の場合の1名様あたりの料金です。
ウラジオストク

ウラジオストク 市内観光・半日プラン [ VV-01K ]
港の見える高台、S-56潜水艦博物館、市場など
ウラジオストクの主なスポットをご案内。

1名様 : 8,000円 / 約3時間

ハバロフスク アムール川ほとりの風景

ハバロフスク 市内観光・半日プラン [ KH-01K ]
アムール川を見下ろす展望台『ウチョース』、ロシア正教会(入場)、ムラヴィヨフ・アムールスキー通りなど市内名所をご案内。

1名様 : 8,000円 / 約3時間

JICオプショナルツアー
料金は2名参加の場合の1名様あたりの料金です。
ウラジオストク ルースキー大橋

ウラジオストク 世界最長の斜長橋を越えてルースキー島へドライブ [ VV-04 ]
2012年 APEC 会場となったルースキー島へ二つの大橋を越えてドライブ。ヴォロシロフスカヤ要塞跡などを見学。

1名様 19,500 円 / 約6時間

ウラジオストク 水族館

ウラジオストク 世界最大級の規模を誇るルースキー島水族館 [ VV-17 ]
ウラジオストクの市街からルースキー島へ2つの大橋を越えてドライブ。
2016年にオープンした水族館を日本語ガイドさんと見学。

1名様 15,700 円 / 約4時間

ハバロフスク ロシア雑貨屋巡り〜布地屋さん、キャンディ、文房具屋さん。かわいいデザイン探しの1日(ウォーキング)

ハバロフスク ロシア雑貨屋巡り〜布地屋さん、キャンディ、文房具屋さん。かわいいデザイン探し(ウォーキング) [ KH-03 ]
ロシアの雑貨屋さんを巡ります。主婦の友社「雑貨カタログ」などでも紹介された特選スポットをご紹介。

1名様 : 9,200円 / 約4時間


スタッフの体験ブログ ブログと写真 日程 [ → ]
[ スタッフ体験ブログ ロシア極東地域調査団 ハバロフスク、ウラジオストク → ]
[ お客様体験ブログ В Хабаровске(1) → ]
[ スタッフ体験ブログ ウラジオストク 4月のレポート 鷲の巣展望台 → ]
【◎】 [ ウラジオストク → ] [ シベリア鉄道 → ] [ ハバロフスク → ]

日付 発着地 時間 スケジュール
1 関空発

ウラジオストク
午後


(飛行機) S7航空直行便)にて

現地日本語ガイドがお出迎えし、ホテルへ
(ウラジオストク泊 / 食事 × × ×
2 ウラジオストク

終日

フリータイム
オプショナルツアーでお楽しみください*別途料金

JICおすすめオプショナルツアー!ウラジオストクのおすすめツアーはこれ!
ルースキー島へのドライブ〜1日プランで昼食付き。ヴォロシロフスカヤ要塞跡などを見学します。
(ウラジオストク泊 / 食事 朝 × ×
3



ホテル発


ウラジオストク
出発
まで






フリータイム
※ホテルチェックアウト12:00となります。
オプショナルツアーでお楽しみください*料金別途

ホテルロビーにてお待ちください。
日本語ガイドとドライバーが駅へお送りします

シベリア鉄道寝台列車(4名様1室)にてハバロフスクへ。

JICおすすめオプショナルツアー!ウラジオストクのおすすめツアーはこれ!
ウラジオストク市内観光・半日プラン港の見える高台、市場、S-56潜水艦博物館(入場)など。
(車中泊 / 食事 朝 × ×
4 ハバロフスク 午前 駅到着後、日本語ガイドとドライバーがホテルまでお送りします。
カフェまたはレストランで朝食後ホテルへ移動。
※ホテルチェックイン12:00以降となります。

フリータイム オプショナルツアーでお楽しみください*別途料金

JICおすすめオプショナルツアー!ハバロフスクのおすすめツアーはこれ!
ハバロフスク市内観光・半日プランアムール川を見下ろす展望台「ウチョース」、ムラヴィヨフ・アムールスキー通り、ロシア正教会など。
(ハバロフスク泊 / 食事 朝 × ×
5 ホテル発


ハバロフスク

成田着

成田発

伊丹着



午前

午後

夕刻


朝食後ホテルチェックアウト。ホテルロビーにてお待ちください。
日本語ガイドとドライバーが空港へお送りします。

(飛行機) S7航空直行便)にて成田へ

トランジット。



お疲れさまでした。
( 食事 朝 × ×

<旅行条件詳細>
*運送・交通機関又は現地事情によりスケジュールが変更となる場合があります。
*送迎車はほかのお客様との混載になる場合があります。
日程表補足 [ → ]
*日本発着時利用航空会社と出発日 : S7航空 関空発伊丹着:9/15(金)
*最少催行人員 : 2名( 1人部屋利用の場合は追加料金が必要です)
*添乗員 : 同行しません。
*食事 : 朝4回(関空発伊丹着5日間)
*利用予定ホテル : 成田発4日間 ウラジオストク「プリモーリエ」 / ハバロフスク「インツーリスト」 指定 / 関空発伊丹着5日間 ウラジオストク「プリモーリエ」または「ウラジオストク」 / ハバロフスク「インツーリスト」または弊社Aグレード
*ビザ(別料金):ロシアビザが必要です(日本取得)。
*『まるごとロシア』特典の対象外となります。

<このプランは鉄道旅行を含みます>
※列車内のトイレ、洗面所は共用となりシャワーはありません。
※寝台車は 4人部屋を利用します。弊社手配のお客様以外の方との同室になる場合もあります。(座席指定、車両指定不可)
※「ホテル 1人部屋ご利用の場合」でも、列車は 4人部屋のご利用となります。
ウラジオストクとハバロフスク ツアー空席お問い合わせ
ウラジオストクとハバロフスク ツアーページの先頭へ戻る

◆ 旅行代金 (2名一室利用の場合の1名様あたりの料金)

海の日 お盆 ウラジオストクとハバロフスク 4日間 S7航空利用 成田発 KN2-2234
日程 [ → ]

募集は終了しました。

「成田発4日間」の他の日のご出発はこちら [ → ]


追加代金
[ → ]

*以下は、1名様あたりの追加代金となります。
1人部屋をご利用の場合 +13,000円
寝台列車1室を2名でご利用の場合 +15,000円(2名様にてお申し込みください。)

ご希望で

「フリータイムにオプショナルをつけたい」 「少し遠出して行きたい所があるけど言葉が心配」 「ガイドさんと一緒に街あるきしたい」 JICオプショナルツアー [ → ]
*上記のほか別途、燃油サーチャージ、空港諸税、ビザ関連費用、総額約 12,010円が必要となります。
( 2017/2/1のレートでの目安となります)。
※ お申込締め切り - 募集は終了しました。 ※ ウラジオストクとハバロフスク ツアー空席お問い合わせ
ウラジオストクとハバロフスク ツアーページの先頭へ戻る

◆ 旅行代金 (2名一室利用の場合の1名様あたりの料金)

シルバーウィーク ウラジオストクとハバロフスク 5日間 S7航空利用 関空発 KX2-2235S7
日程 [ → ]

「伊丹発ハバロフスクとウラジオストク4日間」はこちら [ → ]

ウラジオストクとハバロフスク ツアー料金カレンダー
「伊丹発ハバロフスクとウラジオストク4日間」はこちら [ → ]


追加代金
[ → ]

*以下は、1名様あたりの追加代金となります。
1人部屋をご利用の場合 +18,000円
寝台列車1室を2名でご利用の場合 +15,000円(2名様にてお申し込みください。)

ご希望で

「フリータイムにオプショナルをつけたい」 「少し遠出して行きたい所があるけど言葉が心配」 「ガイドさんと一緒に街あるきしたい」 JICオプショナルツアー [ → ]
*上記のほか別途、燃油サーチャージ、空港諸税、ビザ関連費用、総額約 12,880円が必要となります。
( 2017/3/1のレートでの目安となります)。
※ お申込締め切り - 9/15発 : 8月10日(木) まで ※ ウラジオストクとハバロフスク ツアー空席お問い合わせ
ウラジオストクとハバロフスク ツアーページの先頭へ戻る
ウラジオストクとハバロフスク ツアーご案内のチラシ ツアーご案内のチラシPDF


関連ツアーのご案内
関連ツアーのご案内

ウラジオストクに訪れるツアー
ウラジオストクとルースキー島 アジア最大級の海洋水族館へ
ロシア 3都市周遊の旅 5日間 サハリン、ハバロフスク、ウラジオストク
SW シベリア鉄道体験 ウラジオストクとハバロフスク
ウラジオストクとモスクワ シベリア鉄道全線走破
イルクーツクで途中下車 ウラジオストクからモスクワまでシベリア鉄道全線走破
シベリア鉄道体験 ハバロフスクとウラジオストク
シベリア鉄道体験 ウラジオストクとハバロフスク
ウラジオストクとハバロフスク シベリア鉄道ちょっとだけ体験
ウラジオストク いちばん身近なヨーロッパ

ハバロフスクに訪れるツアー
ロシア 3都市周遊の旅 5日間 サハリン、ハバロフスク、ウラジオストク
ハルハバ。中国とロシア。ハルビンとハバロフスク周遊
SW シベリア鉄道体験 ウラジオストクとハバロフスク
ハバロフスク 2時間半のフライトでヨーロッパの街
シベリア鉄道体験 ハバロフスクとウラジオストク 3日間 / 5日間
シベリア鉄道体験 ウラジオストクとハバロフスク 3日間
ウラジオストクとハバロフスク シベリア鉄道ちょっとだけ体験

2名以上のグループツアー
夏のキジ島とサンクトペテルブルグとモスクワ
ロシア戦車バイアスロン観戦ツアー
ぬくもり工芸いっぱいのロシアへ
ロシア革命100周年記念ツアー モスクワとサンクトペテルブルグ
SW シベリア鉄道体験 ウラジオストクとハバロフスク
イルクーツクとバイカル湖
ロシア語研修&ホームステイ

シベリア鉄道に乗るツアー
SW シベリア鉄道体験 ウラジオストクとハバロフスク
ウラジオストクとモスクワ シベリア鉄道全線走破
イルクーツクで途中下車 ウラジオストクからモスクワまでシベリア鉄道全線走破
シベリア鉄道体験 ハバロフスクとウラジオストク
シベリア鉄道体験 ウラジオストクとハバロフスク
ウラジオストクとハバロフスク シベリア鉄道ちょっとだけ体験

オプショナルツアーとオーダーメイドの旅
オプショナルツアー と オ-ダーメイドの旅
- 航空券フェリー列車のチケット手配
ウラジオストク ウラジオストクのホテル
ハバロフスク ハバロフスクのホテル
現地発着プラン 現地発着プラン
北京・イルクーツク・モスクワ大陸横断鉄道9泊10日(例)<<大陸横断鉄道旅行:モデルプラン>>
鉄道博物館をめぐる旅 (テーマのある旅:プラン例)

フリープラン一覧へ戻る [ → ]
グループプラン一覧へ戻る [ → ]
↑ このページの先頭へ戻る