HOME > 留学 > ロシア語長期留学 > サンクトペテルブルグ国立大学

ロシア語長期留学 募集大学案内
大学 / / 募集要項(長期留学) / アクセス / 料金 / / 連絡員

サンクトペテルブルグ国立大学(СПбГУ)

St.Petersburg State University

大学紹介

サンクトペテルブルグ国立大学 大学住所:Санкт-Петербург,
наб. ЛейтенантаШмидта, д. 11

アクセス
サンクトペテルブルグ国立大学。1819年、帝政ロシア時代に創立された旧ソ連で最も古くて大きい大学のひとつ。23の学部があり、1854年に創設された東洋学部の日本(語)研究は旧ソ連でも最高峰と定評がある。学生数は25,000人以上で、夜間部、通信講座、予科を併設。教授、研究者は合わせて約5,000人。

学部は、応用数学、生物学・土壌学、化学、地質学、地理学、数学・機械学、医学、物理学、経済学、歴史学、国際関係学、ジャーナリズム学、法学、経営学、東洋学、言語学、外国人のためのロシア語、哲学、心理学、社会学。

外国人のためのコースに、ヨーロッパ諸国を中心にアメリカ、日本、韓国など世界各国から留学生を受け入れている。


大学寮紹介

大学指定の寮は、大学と同じヴァシリエフスキー島と郊外のペテルゴフ市にあります。 また、大学とネヴァ川をはさんで対岸にあるホステルを大学指定の宿泊施設として利用します。2 〜 4人部屋です。

市内にある大学指定の寮やホステル(2 〜 4人部屋)が満室で、寮に入れないことがあります。その場合、大学の紹介でその他の宿泊施設に滞在していただくことになり、エコノミータイプのホテル(2 〜 3人部屋)、ホームステイ(1人部屋)等からお選びいただきます。設備、立地等は各施設によって条件が異なりますので、詳しくはお問い合わせください。

施設によって形状が異なりますが、一般的に、学生寮にはブロック内に部屋が2 〜 3あり、トイレ、シャワー、キッチンが共用です。2 〜 4人部屋となります。

エコノミーホテルは2 〜 3人部屋です。シャワー、トイレが同室の人と共用です。キッチンはありませんので、最寄りの食堂等を利用いただきます。

ホームステイは基本的に1人部屋です。食事のあり、なしを選べます。シャワー、トイレはホストファミリーと同じものを使います。

※情報は2017年4月1日現在のもので、予告なく設備等が変更になる場合があります。

サンクトペテルブルグ国立大学 学生寮 キッチン サンクトペテルブルグ国立大学 学生寮 外観 サンクトペテルブルグ国立大学 学生寮 部屋の一例


募集要項(長期留学)

期間: 10か月間

第53期 : 2017年9月1日 〜 2018年6月30日 申込締切2017年6月16日
第54期 : 2018年4月1日 〜 2019年1月31日 申込締切2018年1月16日

受入機関: 国立サンクトペテルブルグ大学 ロシア言語文化インスティトゥート

要件: ロシア語の基礎学力のある方。

条件: 1.
授業はグループレッスン(3名以上)。週20授業時間(10コマ : 1コマ90分)の授業が行われます。授業内容は学生のレベルに応じて調整されますが、基本的には文法、読解、発音、聞き取り、会話等のロシア語習得プログラムにそって行われます。

2.
大学指定の寮、ユースホステル、エコノミータイプのホテル、ホームステイ等に滞在。食事は自炊、あるいは外食。ホームステイの場合は食事をつけることができます。

サンクトペテルブルグ国立大学 校舎の外観 サンクトペテルブルグ国立大学 責任者:カルーギン氏 サンクトペテルブルグ国立大学 校内の売店


市内中心部へのアクセス

大学から 最寄駅「ヴァシリオストロフスカヤ」より地下鉄で 1駅。バスか乗り合いタクシーで約15分。

エルミタージュ美術館へ徒歩約30分。
地図
サンクト
ペテルブルグ
って
こんな街

[ → ]

サンクトペテルブルグは、ピョートル大帝が18世紀初頭に築き、ロシアの首都とした街です。街にはフランスやドイツの文化や技術を取り入れたバロック様式やクラシック様式の建物が立ち並び、美しい街並みをつくっています。多くの川と運河、34の島、365の橋によって構成される石造りの都であることから「北のベニス」と称され、歴史的な街並みは世界遺産にも登録されています。

ロマノフ王朝時代の文化・芸術の中心としてプーシキンやドストエフスキーなどの作家やチャイコフスキーをはじめとする大作曲家を生んだ街としても有名です。世界的に名高いエルミタージュ美術館やマリインスキー劇場があり、芸術の好きな人には特に魅力的な街です。緯度が高いので6月は白夜の季節を楽しむこともできます。



料金

長期留学



留学生の声

クラスがたくさんあるのでレベルも丁度良く、日本の授業と違って人数も少ないので良かったです。授業以外では1日2時間程度、宿題をしたり予習をしたりしていました。ロシア語のテレビを見るもの効果的だと思いました。

治安はそれほど悪いとは思いませんでしたが、常にスリなどには注意していました。むしろ道に迷った時などは現地の方に親切に助けてもらいました。

留学を通して何より、多くのロシア人や生のロシア生活にふれることができ、予想以上にロシアに対する関心が強まりました。またロシアを訪れるつもりです。
(2009年 S.M.)


現地連絡員

サンクトペテルブルグ 現地連絡員2名  サンクトペテルブルグ
JICヘルプデスク スタッフ2名




ロシア留学 お問い合わせ
資料請求 [ → ]
長期留学までのプロセス / 短期留学までのプロセス [ → ]
長期留学/ 個人レッスン [ → ]
↑ ページの先頭へ戻る