バレエ辞典
      バレエのタイトルの邦訳など。
      上演時間・構成は劇場によって異なるので、目安とお考え下さい。

A-F G-P Q-Z

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
 
英語
ロシア語 タイトル
日本語
基本データ あらすじなど

G
Giselle 音楽:アドルフ・アダン
振付:J・コラーリ、J・ペロー
構成:2幕
上演時間:2:10

舞台はドイツの農村。村娘ジゼルは、自分の恋人が実はアルブレヒトという名の貴族で、婚約者のいる身だったと知り、驚きのあまり狂乱しそのまま息絶えてしまう。
夜、森の中のジゼルの墓を訪ねたアルブレヒトは精霊ウィリたちに殺されそうになるが、ジゼルの亡霊が彼を守る。ウィリとは未婚のまま死んだ乙女たちの亡霊のこと。
Жизель
ジゼル
Golden Age
音楽: ドミトリー・ショスタコーヴィチ
振付: ユーリ・
グリゴロヴィッチ(B)
ノア・D・ゲルバー(M)
構成: 3 幕(M)、2幕11場(B)
上演時間:2:30(B)
1930年、西ヨーロッパのある都市を訪れたソヴィエトのサッカーの選手団の1人、アレキサンダーと、同じ競技場で練習していた体操選手ソフィーとの恋愛を回想形式で描いたコンテンポラリー・ダンス。(M)

クラブ「黄金時代」の踊り子・リタと若い漁師のボリスの恋物語。リタに横恋慕するギャングの首領ヤシュカや、それに嫉妬する彼の情婦リューシカの4角関係が、様々な雰囲気の踊りによって描かれるので飽きない作品。(B)
Золотой век
黄金時代

H
The Humpbacked Horse
音楽: ロジオン・シチェドリン
振付: イーゴリ・ベリスキー(L)、
アレクセイ・ラトマンスキー(M)
構成: 3 幕(M)
上演時間:2:05(L)
ロシアの童話「イワンの馬鹿」を子供向けのバレエに仕立てたもの。イワンはある日畑を荒らす魔法の馬から、自分を解放してくれた代わりに3頭の馬を与えられるが、3頭目はせむしの仔馬だった。

都へ馬を売りに行くと、皇帝の目に留まり馬使いとして宮廷に呼ばれるが、先任の恨みを買い、皇帝の花嫁を生け捕りにしてくるように、辺境に送られる。しかし、皇帝は若返りの儀式に失敗して死んでしまい、めでたくイワンが彼女を娶る。
Конёк-Горбунок
せむしの仔馬(イワンと仔馬)

J
Le Jeune Homme et la Mort
音楽: J.S バッハ
振付: ローラン・プティ
構成: 一幕(小品)
上演時間:
モダン・バレエの巨匠であるローラン・プティの代表作。パリの屋根裏部屋に住む貧しい青年の前に黄色い服を着た女が現れる。冷淡な彼女は、青年を翻弄して自殺に追いやる。
Юноша и смерть
若者と死
Jewels
音楽: G・フォーレ/
I・ストラヴィンスキー/
P・チャイコフスキー
振付: ジョージ・バランシン
構成: 3部作
上演時間:2:20
音楽を視覚化したといわれるバランシンが、それぞれの宝石をイメージして創作した作品。特にあらすじはありませんが、衣装が美しく(特にボリショイ劇場のバージョンは、ヴァンクリーフ&アーペルとコラボ)、アカデミックなダンサーが踊ると見ごたえがあります。 第一部はエメラルド、第二部はルビー、第三部がダイヤモンドという構成です。
Дрогоценность
ジュエルズ

L
 
The Lady of Camelias
音楽: J・ヴェルディ/
V・コルチャギン
振付: (D)
構成: 2幕
上演時間:

パリの高級娼婦マルグリットは、貴族の息子アルマンの真撃な愛に心を開く。二人は郊外で一緒に暮らすが、アルマンの父ジェルモンがマルグリットを訪ね、自分の息子の縁談のために別れてほしいと頼む。

マルグリットは涙をのんで身を引く。これを彼女の心変わりと捉えたアルマンは夜会で彼女を罵るが、やがて誤解とわかった時は既に遅く、マルグリットは肺を病んでおり、愛するアルマンの腕に抱かれ息絶える。
Дама с камельями
椿姫
The Legend of Love 音楽:アリフ・メリコフ
振付:ユーリ・グリゴロヴィッチ
構成:
3幕
上演時間:3:05

トルコの詩人、ナジム・ヒクメトの作品がモチーフ。女王メフメネ・バヌーは、妹シリンを病から救うために自らの美貌を犠牲にする。しかしシリンに自分の想い人、石工フェルハドを奪われてしまった女王は怒りにかられて彼に難工事を命じる。

ソ連バレエ独特の迫力が強烈な印象をあたえる作品です。
Легенда о любви
愛の伝説
Leningrad Shimphony
音楽: ドミトリー・
ショスタコーヴィチ
振付: イーゴリ・ベリスキー
上演時間:0:30(一幕作品)
第2次世界大戦時のレニングラード封鎖を描いた迫力ある作品。
Ленинградская Симфония
レニングラード・シンフォニー
The Little Mermaid
音楽: レイラ・アウエルバッハ
振付: ジョン・ノイマイヤー
構成: 2幕
上演時間:2:40
現代バレエの鬼才、ジョン・ノイマイヤーが、彼が率いるハンブルク・バレエのために制作した作品ですが、モスクワ音楽劇場の他、サンフランシスコ・バレエもレパートリーに入れています。ドイツ語の現代はDie kleine Meerjungfrau。
一般に知られている人魚姫と基本的なあらすじは同じですが、袴に想を得た人魚姫の衣装や、テルミンを用いた音楽など、とても独創的です。
Русалочка
人魚姫
Lost Illusions
音楽: レオニード・ジェシャートニコフ
振付: アレクセイ・ラトマンスキーー
構成: 3幕
上演時間:2:35
 バルザックの小説「幻滅」がもとになっていますが、あらすじはだいぶ変わっています。
20世紀前半のパリ=オペラ座を舞台にした、舞台作家とバレリーナの物語ですが、彼女のライバルであるダンサーやパトロンの思惑によって悲恋に終わります。
Утраченные иллюзии
ロスト・イリュージョン

M
The Magic Nut 音楽:セルゲイ・スロニムスキー
振付:キリル・シモノフ
構成:2幕
上演時間:2:00
コンテンポラリー・ダンス。「くるみ割り人形」の前日譚で、王子がくるみ割り人形に姿を変えられるまでを描く。ネズミの呪いで醜くなった婚約者のピルリパート姫を救うため、魔法のくるみを手に入れるが、ネズミ達に逆恨みされて逆に彼に呪いが降りかかってしまう、という話。

「くるみ割り人形」より更にパワーアップしたロシア美術の大家ミハイル・シェミャーキンの衣装・装置がウリです。一幕は前衛的すぎという評価もありますが、男性中心の2幕は華やかで見ごたえがあります。
Болшебный орех
魔法のくるみ
Multiplicity.
Forms of Silence and Emptiness
音楽:J=S・バッハ
振付:ナチョ・ドゥアト
構成:2幕(一幕作品の二本立て)
上演時間:1:50
「マルティプリシティ」「静けさと虚ろさのかたち」というニ作品で構成されるプログラムです。どちらも、「ゴルドベルク変奏曲」「ブランデンブルグ協奏曲」から色々なコンチェルト、カンタータ、フーガなど、様々なバッハの曲を使った、数多くのパートからなる作品です。
Многогранность. Формы тишины и пустоты
バッハへのオマージュ
A Midsummer Night's Dream
音楽: フェリクス・メンデルスゾーン
振付: ジョージ・バランシン(M)
構成: 2幕
上演時間:
シェイクスピアの有名な戯曲をバレエ化した作品。妖精の王オベロンと女王のティターニアは夫婦げんかの末、オベロンが惚れ草の汁で女王に恥ずかしい思いをさせようとするが、妖精パックの手違いによって恋人同士のハーミアとライサンダー、またハーミアに恋するディミートリアスと、ディミートリアスに恋するヘレナの4人の恋愛模様が大混乱。一方で、ティターニアもパックのいたずらによって、ロバ頭のボトムに恋してしまう。その後夜明けとともに魔法はすべて解けて大団円。
Сон в летнюю ночь
真夏の夜の夢

N
Na Floresta
音楽: エイトル・ヴィラ=ロボス
振付: ナチョ・ドゥアト
構成: 一幕(小品)
上演時間:約30分

アマゾンのセルバの美しさをイメージした現代作品です。特にあらすじはありません。
В лесу
ナ・フローレスタ
Nunc Dimittis
音楽: エイトル・ヴィラ=ロボス
振付: ナチョ・ドゥアト
構成: 一幕(小品)
上演時間:約30分
アルヴォ・ペルト の荘厳な教会音楽を用いた現代作品です。群舞、男性ソリストも登場しますが、特に女性ソリストが重要な役割を果たします。
-
-
The Nutcracker
音楽: ピョートル・
チャイコフスキー
振付: V・ワイノーネン(M)(D)、
Y・グリゴロヴィッチ(B)
など劇場によって様々
構成: 3幕+EPI
上演時間:2:45
クリスマス・イヴ、少女マーシャは叔父のドロッセルマイヤーからくるみ割り人形を贈られる。その夜、ねずみの大軍と、くるみ割り人形らおもちゃの兵隊たちが戦う。

マーシャがねずみの王様にスリッパを投げつけると、くるみ割り人形の勝利となる。すると、くるみ割り人形は美しい王子様に変身し、マーシャをお菓子の国へと招待する、というお話。

マリインスキーは普段はコンテンポラリー(モダン・バレエが更に進化したもの)シモノフ版、冬には学生によってワイノーネン版が上演されています。
Щелкунчик
くるみ割り人形

O
Ondine 音楽:チェーザレ・プーニ
振付:ピエール・ラコット
構成:2幕6場
上演時間:2:20
若い漁師マッテオにはジャンニーナという恋人がいるが、ある日網にかかったウンディーナに好きだと告げられ、彼女の美しさに心引かれる。ウンディーナは海の女王に頼み、薔薇が散るまでにマッテオと結婚できたら人間にしてもらえることに。

マッテオとジャンニーナは結婚式を挙げるため、二人で小舟に乗って教会へ向かう。そこへ海からウンディーナが現れる。マッテオは彼女を選ぶ。二人は急いで教会へ向かうが、間に合わず薔薇は散り、ウンディーナは死んでしまう。岸辺まで水が溢れ、海がウンディーナを連れて行く。マッテオは後を追い、海へ飛び込む。
Ундина
ウンディーナ

P
Paquita 音楽:レオン・ミンクス
振付:マリウス・プティパ
構成:
上演時間:0:40(抜粋上演)
現在は全幕で上演されることは少なく、3幕の結婚式の場面だけ単独で踊られることが多い。女性ソリストの踊りが続く華やかなバレエ。
Пахита
パキータ
Le Parc
音楽: ウォルフガンク・A・モーツァルト
振付: アンジェラン・プレルジョカージュ
構成: 一幕
上演時間:1:35
元はパリ=オペラ座のために制作された作品。ル・パルクとは庭園の意味で、17世紀の宮廷の庭園で繰り広げられる恋愛をえがいた作品ですが、明確なあらすじはありません。終盤の「解放」のパ・ド・ドゥは、ガラ・コンサートで上演されることも多いです。
Парк
ル・パルク
Pas de Quattle 音楽:チェーザレ・プーニ
振付:ジュール・ペロー
上演時間:0:17
あらすじは特になく、ピンクのロマンティック・チュチュを着た4人のバレリーナ達が優雅に踊る作品。
Па де катр
パ・ド・カトル
Por Vos Muero
音楽: スペインの古楽より
振付: ナチョ・ドゥアト
構成: 一幕(小品)
上演時間:0:40
16〜17世紀のスペインの古楽と詩を題材にした現代作品。ポル・ヴォス・ムエロとは、「あなたのために死ねる」という意味。
За вас приемлю смерть
ポル・ヴォス・ムエロ
Prelude
音楽: ヘンデル、ベートーヴェン、ブリテン
振付: ナチョ・ドゥアト
構成: 一幕(小品)
上演時間:0:40
現代作品ですが、かなりクラシック・バレエよりです。装置や群舞の使い方などの構成を含め、とても凝った作品です。
Прелюдия
プレリュード
*略号 PRO プロローグ
EPI エピローグ
(B) ボリショイ劇場
(D) モスクワ音楽劇場
(M) マリインスキー劇場
(L) ミハイロフスキー劇場

バレエのページに戻る

トップページへ戻る

ジェーアイシー旅行センター