JIC 旅行センターのホームページへ
JIC旅行センターWEBサイトへ戻る
電話番号 03-3355-7295
行きたい旅行先をクリック
ロシア・ヨーロッパ部 ロシア極東・シベリア ウクライナ ベラルーシ
バルト三国
コーカサス
中央アジア
モンゴル

トップページサハリン

サハリン旅行、特選オプショナルツアーユーザーガイド

かつて日本領の時代もあったサハリン(旧樺太)州の州都ユジノサハリンスク(旧豊原)

 ユジノサハリンスクには現在の郷土誌博物館など日本領時代の建物が点在し、どこかノスタルジックな雰囲気が漂います。大泊(コルサコフ)や真岡(ホルムスク)などかつての日本名と結びついた周辺の都市も散在しています。 また、大正12年(1923年)、詩人であり作家の宮沢賢治がこの地を訪れ、サハリンの鉄道に乗車し樺太を北上しました。その体験が「銀河鉄道の夜」やいくつかの詩作に結びついたとされています。

サハリン旅行/交通

  • 成田および千歳直行便がユジノサハリンスクへ運航。また、ソウル、ウラジオストク、ハバロフスクからのフライトもあります。
  • 参考:JICフライトスケジュール案内

サハリン旅行のご案内

  • オプショナルツアーの料金は各1名様あたりの料金です。(日本語ガイド、車、送迎を除く)
  • お申し込み、お支払いは日本にてとなります。原則ご出発の2週間前までにお申し込みください。
  • お申し込み前に取消料など詳細は「各コース共通条件」をご一読ください。
  • JICのパッケージツアー「まるごとロシア」、個人旅行・素材集「組み立てプラン」と合わせてご利用ください。
  • 2019年 2月 14日更新

サハリン オプショナルツアー 各方面一覧

ページの先頭へ

ユジノサハリンスク(旧豊原)市内を見下ろす展望と市内観光(半日プラン) 番号:UU-01
  • 市内を見下ろす山の空気展望台
  • 郷土誌博物館(旧豊原時代 樺太庁博物館跡)
  • ガガーリン記念文化公園
トラベルヒントはコチラ

ユジノサハリンスク市内をぐるっと専用車で観光します。

 現在の郷土誌博物館は1937年日本領豊原であった当時、樺太庁博物館として建てられました。サハリンの自然、歴史、先住民に関する資料などを展示しています。館内にはかつて北緯50度線に置かれていた石碑もおさめられています。山の空気展望台は日本領時代は旭ヶ丘と呼ばれていた高台です。 

参加人数 1名 2名 3名 4名 5名以上
1人当たりの料金 ¥38,200 ¥23,000 ¥16,000 ¥14,500 ¥14,000
ツアーの所要時間 約4時間
ツアーの料金に含まれるもの 日本語ガイド、専用車、入場料
ツアーの実施日時 月曜日以外毎日。
ツアーの注意事項 展望台では下車観光のみになります。そこからのロープウェイ観光は料金も含め、ツアーに含まれておりません。
MG/UUS Citytour with local lore museum + Gorny Vozdux W/CAR, JSG (4hours)
旅行プランのお問い合せはコチラ

ページの先頭へ

徒歩でユジノサハリンスクの町を日本語ガイドさんと市内散策(ウォーキング) 番号:UU-02
  • 日本語ガイドさんと市内散策
トラベルヒントはコチラ

 日本政府によって建てられた郷土誌博物館を入場見学します。ガガーリン記念文化公園などの散策をお楽しみください。

参加人数 1名 2名 3名 4名 5名以上
1人当たりの料金 ¥22,000 ¥13,500 ¥12,000 ¥10,800 ¥10,300
ツアーの所要時間 3時間
ツアーの料金に含まれるもの 日本語ガイド、入場料
ツアーの実施日時 月曜日以外毎日
MG/UUSCity tour with local lore museum & Gagarin park W/JSG (walking) (3hours)
旅行プランのお問い合せはコチラ

ページの先頭へ

郊外のトゥナイチャ湖(旧富内湖)と野外で料理満喫(昼食付き) 番号:UU-03
トラベルヒントはコチラ

 ユジノサハリンスクの南東40キロ(市内より約40分)に位置する、白樺に囲まれた美しい湖です。昼食はピクニックスタイルでシャシリク(ロシア風串焼き)などを楽しみます。最寄のオホーツコエ村のバス停近くでは、シーズンには花咲きガニ(6〜9月)などの海産物を地元の人が売っています。

参加人数 1名 2名 3名 4名 5名以上
1人当たりの料金 ¥49,100 ¥28,400 ¥23,800 ¥20,000 ¥18,300
ツアーの所要時間 約4時間
ツアーの料金に含まれるもの 日本語ガイド、専用車、昼食代
MG/Tunaicha lake visit with shashlik(barbeque) lunch W/CAR, JSG(4hours)
旅行プランのお問い合せはコチラ

ページの先頭へ

港町 コルサコフ(旧大泊)へ半日観光 番号:UU-04

ユジノサハリンスクから専用車で約42キロ、約40分の港町。

 詩人・宮沢賢治がかつて連絡船に乗って訪れたのがコルサコフでした。現在はサハリン沖の石油・天然ガス開発プロジェクトの玄関口となり、世界中から技術者、作業員が押し寄せ活気ある国際都市になりつつあります。稚内からのフェリーが到着するのもこの町です。

ツアーの料金に含まれるもの 日本語ガイド、専用車

トラベルヒント コルサコフ フォトギャラリー

MG/Korsakov excursion W/CAR, JSG (4hours)

  港町 コルサコフ(旧大泊)へ(半日観光) ツアー所要時間:休館日 1名 2名 3名 4名 5名以上  
 
  • 展望台
  • 旧拓銀跡、王子製紙跡
  • 港、客船ターミナルなど
  • ソヴィエト通りなど
約4時間-
¥37,000 ¥19,800 ¥15,900 ¥14,000 ¥12,700  
旅行プランのお問い合せはコチラ

ページの先頭へ

ホルムスク(旧真岡)へ半日観光 番号:UU-05

ユジノサハリンスクから83キロ、市内より約1時間半、サハリン西海岸最大の港湾都市への半日観光。(旧真岡)

 ロシア本土の大陸側の町ワニノへはここからフェリーが出ています。高台から望む間宮海峡が美しい。終戦から5日後の1945年8月20日、真岡に侵入したソ連軍により多くの市民が犠牲となり、真岡郵便局の電話交換手として戦火のなかで任務を全うした日本人女性「9人の乙女」が集団自決をした悲劇の地としても知られています。他に旧王子製紙工場(現ホルムスク製紙)なども下車観光します。

ツアーの料金に含まれるもの 日本語ガイド、専用車、入場料

トラベルヒント ホルムスク フォトギャラリー

MG/Kholmsk excursion with local lole(Fauna) museum W/CAR, JSG (6hours)

  ホルムスク(旧真岡)へ(半日観光) ツアー所要時間:休館日 1名 2名 3名 4名 5名以上  
 
  • プリモールスキー公園
  • ミーラ広場
  • 客船ターミナル
  • ホルムスク市立博物館
  • 旧王子製紙(ホルムスク製紙)
  • レーニン広場など
約6時間-
¥60,400 ¥32,700 ¥25,300 ¥19,800 ¥17,800  
旅行プランのお問い合せはコチラ

ページの先頭へ

市内を見下ろす山の空気展望台とボリシェビキ山へのリフト乗りと麓の旧樺太神社見学(半日コース) 番号:UU-06
  • リフト乗車
  • 山の空気展望台
  • ボリシェビキ山頂上
  • 樺太神社跡
トラベルヒントはコチラ

市内の勝利広場からリフトに乗って山の空気展望台(旧旭ヶ丘)、ボリシェビキ山の頂上へ

 ユジノサハリンスクは東側にチェーホフ山(旧鈴谷岳)などのススナイスキエ山地、西はユジノサハリンスク山地の丘陵に囲まれた盆地。スキー用のリフト(8名乗り)でボリシェビキ山の頂上(標高601m)までの登り、市内や隣のチェーホフ山(1045m)を眺望します。帰路は麓の勝利広場近くにある日本領樺太時代の樺太神社跡などを見学しながらホテルへ戻ります。

参加人数 1名 2名 3名 4名 5名以上
1人当たりの料金 ¥34,700 ¥18,800 ¥14,200 ¥12,200 ¥11,900
ツアーの所要時間 約3時間
ツアーの料金に含まれるもの 日本語ガイド、専用車、リフトチケット代
ツアーの実施日時 夏季 :土、日(6月より木,金曜も不定期運行予定) 冬季:毎日。
ツアーの注意事項 リフトの運行時間は
夏季 土・日 12:00-19:00
冬季 毎日 12:00-19:00
天候,現地事情によりリフトが利用できない場合があります。その場合は山の空気展望台まで車で移動します。
MG/Gorniy Vozudux & Bolshevik Mt (to the top) by lift from Proshaj Pobedi and visiting to former- “Karaft Shrine” remains by car with JSG
旅行プランのお問い合せはコチラ

ページの先頭へ

宮沢賢治の軌跡をたどるスタロドゥプスコエ(旧栄浜)とドーリンスク(旧落合)〜駅舎跡の見学や海岸で琥珀拾いなど楽しみます。 番号:UU-07
  • ユジノサハリンスク(旧豊原)駅
  • ドーリンスク(旧落合)駅下車
  • 車でスタロドゥプスコエ(旧栄浜)へ
  • 栄浜駅 駅舎跡
  • 旧栄浜の海岸
  • 白鳥湖へ
  • ドーリンスク 旧製紙工場跡
  • ユジノサハリンスク帰着
トラベルヒントはコチラ

 大正12年、宮沢賢治が樺太の街を訪れ、コルサコフからユジノサハリンスク、さらに北のスタロドゥプスコエ駅まで鉄道の旅をしました。一説には肺結核で亡くなった最愛の妹の魂を追いかける旅だったという話もあります。「宗谷挽歌」、「オホーツク挽歌」、「樺太鉄道」といった作品も残されています。また、今は廃止されてしまいましたが、終着駅「栄浜」(現在のスタロドゥプスコエ駅)近くの白鳥湖こそ「銀河鉄道の夜」に出てくる「白鳥の停車場」で、賢治のサハリンへの旅がこの物語のモチーフになったとされています。

ユージノサハリンスク駅(旧豊原駅)から列車でドーリンスク駅(旧落合駅)へ約1時間の列車の旅。ドーリンスクからは専用車で旧栄浜へ向かいます。駅舎跡の見学や海岸では琥珀拾いを楽しみます。

帰路は専用車でドーリンスクに立ち寄り王子製紙系列の富士製紙落合工場跡を見学。

参加人数 1名 2名 3名 4名 5名以上
1人当たりの料金 ¥43,900 ¥25,400 ¥19,300 ¥15,500 ¥15,000
ツアーの所要時間 約5時間
ツアーの料金に含まれるもの 日本語ガイド、専用車、列車チケット
ツアーの注意事項 列車は9時20分頃発を予定していますが、運行または開始時間によっては往路も専用車での移動となります。
MG/Miyazawa Kenji tour UUS-Dolinsk-Starodubskoye-Swan lake-Dolinsk W/CAR, JSG, +TRAINTICKET (5hours)
旅行プランのお問い合せはコチラ
樺太サハリンー日本統治・豊原時代の樺太庁博物館跡など歴史的建造物を見学(半日コース) 番号:UU-08
  • 旧樺太神社跡
  • サハリン郷土博物館
  • 拓銀・豊原支店跡
  • 豊原町役場跡
  • 樺太守備隊司令官官邸跡
トラベルヒントはコチラ

樺太庁博物館跡、北海道拓殖銀行跡、樺太神社跡など市内に残る日本統治時代の建造物を日本語ガイドと専用車を利用して半日で見学します。

 日本統治時代(1905年〜1945年)樺太庁の首都、豊原はウラジミロフカという集落に新しく建設された都市。札幌に模して東西南北に碁盤状に整然と街路が並んでいます。市内には日本統治時代からの建築物が今も多く残っています。郷土博物館(樺太庁博物館跡)、サハリン州立博物館(北海道拓殖銀行豊原支店跡)、ユジノサハリンスク軍事裁判所(サハリン樺太守備隊司令官官邸跡※1908年建設で現存する最古の遺構となっています。)、豊原町役場跡、旧樺太神社跡などを半日で見学します。

参加人数 1名 2名 3名 4名 5名以上
1人当たりの料金 ¥37,900 ¥22,000 ¥16,700 ¥14,300 ¥13,400
ツアーの所要時間 約4時間
ツアーの料金に含まれるもの 日本語ガイド、専用車、入場料
ツアーの実施日時 月曜を除く毎日
MG/Lore museum(entry),FormaerKaraft shrine,Former Toyohara goverment(town) office,Formaer Takushokubank Toyohara branch(Art museum-entry),Former Toyohara military police(UUS Military court) by car with JSG
旅行プランのお問い合せはコチラ

ページの先頭へ

サハリンガイドと送迎、車の手配

日本語ガイド  
半日(4時間) \16,000
1日(8時間) \31,300
時間延長(1時間当たり) \4,000

備考

送 迎 1-2名
(セダン・タイプ)
3-5名
(ミニバン・タイプ)
大型バス
(40席)
空港/列車駅⇔市内(片道) \9,000 \14,600 \39,800
コルサコフ港⇔ユジノサハリンスク市内 \14,500 \21,000 \38,900
送迎時日本語アシスト・出迎え \10,500 \11,000 \13,100

備考

車(ドライバー付き) 1-2名
(セダン・タイプ)
3-5名
(ミニバン・タイプ)
大型バス
(40席)
半日(4時間) \17,200 \29,800 \42,400
1日(8時間) \34,000 \57,300 \81,500
時間延長1時間当たり \4,500 \7,500 \11,000

備考

ページの先頭へ